2007年03月27日

悩める患者さんたち

久しぶりの第2号!(2号めが久しぶりってのはちょっと・・・もっとはよ書きます!)
創刊号で次は「鍼灸院・整骨院・カイロプラクテイックの違いは何?」です。ってなってましたが、なかなか、まとまらず、結局違う内容になりました。
せっかく読んで下さっている方にはごめんなさい!!
必ずこのテーマについてはとりあげます。

今回は常日頃かかわっている「患者さんたち」についてです。なんで治らへんのやろう・・・と悩む患者さん多いです。
病院に来る患者さんというのは、何しにきてるのかというと、もちろん「具合悪いところを何とかして欲しい」と思って来てますよね。
具合悪くって→検査して→薬出してもらって→治る
こう、直線でいってくれると、それは「ラッキー」といえると思います。よくある風邪なんかはこうなります。
でも病気っていっぱいありますよね。そんな簡単に治る病気ばっかりではありません。というか、なかなか、本当の原因にたどり着けないのです。なぜ「原因にたどりつけないのか?」
今日はその辺をちょっと書きます。

1、かかる「科」が違う
どの科にかかるか?内科、外科、神経内科、心療内科・・・かかるとこから間違ってる場合多いですよね。総合病院なら大丈夫って思ってたらこれまた違います。「どの科に受診されます?」とかきかれたりするし、結局自分で決めたりしないといけないし、
受付の人が決めたりする場合もあります。ここで先ず、原因がわかんなくなります。

2、する「検査」が違う
ここからは、「運命の出会い」の先生の「腕」にかかってくる内容ですが、「運もあなたの実力のうち」と思ってくださいね。
あなたを診察して、ある程度の病気のターゲットを絞って、どの検査をするかです。全く見当違いな検査をしてしまったら、まるで、なんの手がかりも得られません。保険診療ですから、やみくもに検査できません。かなりする検査の項目は絞られます。かなりの経験、勘、知識が必要です。かなりここで、原因から遠ざかります。

3、だす「お薬」が違う
原因がわかれば、もうほとんどいうことありませんが、あとはお薬ですね。これ、いっぱいありますよね。同じような作用のものでも、個人への影響は様々ですから、効きが違います。お薬って副作用がありますから、これまたしんどいですね。
その人のつらい「本当の原因」を改善するには充分ではないことが結構あります。違う症状まで出てきたりします。
また、いわれるとおりにお薬を飲まないともちろん「効果」がでないことは多くありますよ。


ということで、「なかなか治らへん」原因、わかっていただけましたか?細かいこというともっといっぱいありますがおおまかに書きました。
結局非常に多くの分岐点を経て「治る」にたどり着くわけで、治った場合は「ラッキー」といえるのではないかと思ういます。
あとは、自分の身体の「自然治癒力」に感謝ですよね。

同じ経過の病気でも20代と50代とでじゃあ、全く違う結果が出るって言うことはなんぼでもあります。
それだけ、身体は変化してるってことですから。
よく「今までなんともなかったのに、なんでかなあ?おかしいなあ・・」急に病気になりません。まあ、そういう場合もありますが、10年前のからだと同じのはずがないのです。確実に身体は変化していて、それに気づいていないだけです。あなたの身体のパワーはほっといたら落ちていくばかりです。なんといっても、自分の身体の「自然治癒力」を高めておくことが、病気にならない、なっても早く回復するために一番大切なことではないでしょうか。
うちの病院で、先生が言ってました。
「治らへん、治らへんのは医者のせいやていうけど、薬飲まんとあかんような身体にしたのは誰やねんって言いたい。それはだれでもない自分やないか。それを「治らへん」いうて、医者のせいにするのはおかしい。」
これ、本当だと思います。

もちろんお医者さんはその原因を正しく指摘して、お薬のサポートを薦めるという大切な役割がありますが、お医者さんのいうことを聞くのも、聞かないのもあなたの選択です。

自分の身体は自分で治すのです。これは基本です。
これに気づくか気づかないかは大きな違いです。
自分で自分の身体を管理する力、自分の人生をコーデイネートする力を付けておかないと、この長寿の時代、生き続けていくのは「つらい」ことになります。

ドクターの言うことに納得いかず、ドクターショッピングする患者さん多いですよね。「うつ」のいなる患者さんも多いですね。

あなたは誰のために生きていますか?
自分の人生は一度きりと考えたとき、少しは悩みが改善するかも知れません。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

自分の身体の悩みどうしてますか?
解決方法は
・知って
・イメージして
・決断して
・行動する

このプロセスです。

身体の中のことって直接見えません。
でも実際起こっている変化です。
「痛い」「苦しい」「ツライ」
があれば
「なぜ?」
がおこるでしょう。
私はその「なぜ?」にわかる範囲でお答えしていきます。

でも後の
・イメージして
・決断して
・行動する
はあなた自身でしかできません。
身体は自分が治すのです。
お医者さんやお薬はそのお手伝いをしてくれるだけです。
先生のいうようにするのもしないのも、お薬をのむのも飲まないのもあなたの決断です。

あなたの身体はあなたのもの。
あなたの人生はあなたが主役です。
たった一度の人生、
自分の身体をいたわり、
内なる声に耳を傾けてみませんか?

自分の身体を知り、決断、行動することは
自分の幸せにも繋がります。
少しでもあなたの役に立てれば
それが私の幸せです。


よんでくれてありがとう。


体も心も癒してくれる
東洋医学経絡治療 悠々堂 まき鍼灸院
http://youyoudou.com



posted by ★幸せプロデュ−サー★マッキー at 07:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして^^

私のカイロプラクティックサイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://healthy.livedoor.biz/archives/50300919.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
Posted by カイロプラクティックニュース at 2007年03月27日 11:20
ご紹介いただき大変うれしく思います。
これからも、より良いものを創っていきます。
どうか、よろしくお願いします。
Posted by まき鍼灸院 at 2007年03月28日 07:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。